> > 普段のお手入れで美髪を作る方法 その8-1

普段のお手入れで美髪を作る方法 その8-1

普段のお手入れで美髪を作る方法 その8-1
ノンシリコンって本当にいいの?髪と頭皮に良いシャンプーの選び方



シャンプーは、何を基準に選んでいますか?
CMのイメージ、価格、香り、手触りなどといったところでしょうか。
毎日使うシャンプーは、髪のみならず頭皮との関係も考えて選びたいものです

最近はノンシリコンシャンプーが流行していますが、本当に髪や頭皮に良いのでしょうか?

シャンプーについてあらためて考えてみましょう


シャンプーの成分

シャンプーは様々な原料を組み合わせて作られていて、それらが「成分」と呼ばれるものです
現在は薬事法により、使っている成分の全表示が義務づけられていますので、シャンプーを買う時には必ずチェックしましょう

成分表示について

成分表示は、含まれている量の多い順に表示されています。
シャンプーは基本的に水分が一番多く含まれるので、洗浄成分である界面活性剤は、たいてい水の次に表示されています
そしてシャンプーの良し悪しは、この界面活性剤が左右するのです。
シャンプーには複数の界面活性剤が使われていますので、より多く含まれるものをチェックしましょう

避けたい成分
ラウリル硫酸Na
ラウリル硫酸カリウム
ラウレス硫酸Na
ラウレス硫酸TEA

上記の成分は、それぞれ石油系合成界面活性剤のひとつで旧表示指定成分です。
旧表示指定成分とは、 旧厚生省が定めたアレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある成分のことです

洗浄力が強く、必要な油分までとってしまい、乾燥や髪のきしみの原因となってしまいます。

まず「ラウリル」と「硫酸」がつく成分を避ければ、かなりの確率で髪や頭皮に良くないシャンプーを避けることができます。
そしてラウレス系成分(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA)が成分表示の上のほうにあるものも避けたほうが無難です。

安価で大量生産に向いていることから、テレビCMをやってるような有名なシャンプーにはこれらの成分が配合されている場合が多いです

髪と頭皮に良いシャンプーについて

成分的にはアミノ酸系、ベタイン系など両性界面活性剤をつかったシャンプーがおすすめです。
例えば、ココイル加水分解コラーゲンKなど、○○ベタイン、ココアンホ○○、ココイル○○といったものです

その2へ続きます